ここではまずしもやけ(凍瘡)について、詳しく説明していきたいと思います。

冬の寒く乾燥した時期は、手や足の先が冷えることによって硬く腫れて、歩いている時や何もしていない状態でも、痛くて痒くなる症状があります。これがしもやけです。
しもやけは漢字で書くと「霜焼け」また、医学的には別名凍瘡(とうそう)とも言い、寒さや冷えによって血行が悪くなって起こる炎症のひとつです。


sponsored link




血行が悪くなりやすい手先足先などの末端部分や、露出度の高い頬や鼻先や耳たぶに起こりやすいのが特徴です。患部を温めるとむず痒くなったり、痛くなったり、熱いと感じるような感覚を引き起こします。大人よりも子供の方がなりやすく、また男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。

ちなみに、しもやけの別名である凍瘡と聞くと、凍傷を思い浮かべる人もいるかと思います。凍傷という症状は聞いたことがある方も多いと思いますが、凍傷は症状など凍瘡とは格段に違う重い状態です。凍傷の場合、程度が著しく傷害がひどい時は、最悪の場合患部を切断しなければいけない事態まで発展することがあります。特に標高の高い氷点下を軽く下回るような高山を登山する方は、最も注意するべき疾患です。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、しもやけの原因や症状について詳しく説明しています。

⇒ しもやけの原因

⇒ しもやけの症状

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
shimoyake21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。