ここではしもやけの民間療法について、詳しく説明していきましょう。

しもやけの治し方についてですが、いわゆる噂話のような根拠のない治療法が蔓延しているのが確かです。「昔からの言い伝えで、○○しておけば治る」などの類です。よく言われているのが、「針を刺す」や「温水と冷水に交互に浸ける」などで、どちらも巷でよく聞きますが、実際にお医者さんからこれらの治療法を勧められることはあまりないでしょう。


sponsored link




「針を刺す」の場合、針を刺す事によって患部の内出血を解消する、いわゆる「血抜き」をすることが目的のようです。しもやけは血行障害が原因ですから、少量でも流血させて血行を良くしようということです。しかし、針を刺した傷口から感染症を引き起こすなどのリスクがありますし、流血で血行が良くなるというのも少し無理があります。やはりお勧めできない治療法です。

「温水と冷水に交互に浸ける」の場合、これも血行を良くすることが目的です。患部の血圧を上げたり下げたりといったところでしょう。しかしこれも荒療治と言わざるを得ません。治ったという方も居るとは思いますが、治療中(特に温水に浸けた後)に痒みや痛みが激しくなるでしょう。これもやはりお勧めはできません。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは、当サイトがお勧めする治療法について詳しく説明しています。

⇒ しもやけの治療法

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
shimoyake21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。